ヤレ・損紙(各種解説) | シール印刷・ステッカー印刷のことならオーランド印刷工房

オーランド印刷工房
各種解説
▲シール印刷TOP >> 各種解説 >> ヤレ・損紙
ヤレ 損紙
印刷が完了するまでに要する、NG、廃棄に回される材料のことです。
通常の印刷機では、製品となるまでに調整過程で、結構多くの印刷不良ごみが出ます。
つまり、ヤレ、のことです。印刷位置の調整、インクの調合、印圧、抜き圧の調整など、すべてが整って製品となるわけです。

極端な例ですと、実質、3,000円分の材料を使う製品を刷り上げるために、10,000円の材料を仕入れることもあります。
しかも、オペレーターの技能や、アクシデントなどにより、予想以上にヤレが出た場合、もう5,000円の材料を追加仕入れしなくてはならないこともあります。

色数や刷り色、形状、さらに、どのような印刷機を使うかによっても、「ヤレ」の量は変わってきます。
いかに「ヤレ」を少なくするか、これはとても重要な課題です。



トップページ
会社概要
商品案内
自動お見積り
各種解説
お問い合わせ
リンク集
オーランド印刷工房ブログ


オーランド印刷工房 〒329-1412 栃木県さくら市喜連川3095-9 TEL. 028-686-1021 FAX. 028-686-1022
Copyright © オーランド印刷工房 All Rights Reserved.   

シール印刷TOP | 会社概要 | 商品案内 | 自動お見積り | 各種解説 | お問い合わせ | リンク集 | 印刷工房ブログ

シール 印刷 | シール・ステッカー・特殊印刷のオーランド印刷工房