シール印刷機(各種解説) | シール印刷・ステッカー印刷のことならオーランド印刷工房

オーランド印刷工房
各種解説
▲シール印刷TOP >> 各種解説 >> シール印刷機
シール印刷機
当社で最も働いている印刷機です。現在4台稼働しています。
シール印刷機は、印刷メカニズムの違いによって大まかに、【 平圧機 】と【 輪転機 】に分かれます。

平圧機は、ロール状の原反用紙を定寸で送りながら、インクを受け取りつつ、刷版が上下動して用紙に印刷していきます。
セットアップが早く、多品種小ロット印刷では一番その力を発揮します。ただし、上下動のペッタンコ印刷なので、細かな文字など、線画は良いのですが、ベタ刷りが苦手です。

輪転機は、上下運動ではなく版胴に巻きつけられた刷版が用紙の上を転がりながら印刷していきます。
こちらはベタ印刷が得意です。ただし、図体がどうしても大きくなるので、フットワークは平圧機にかないません。「ヤレ」、つまり損紙も多く出ますのでコスト的に高くなります。

刷版は樹脂版が一般的です。
最近では、輪転機でオフセットやフレキソ印刷機も増えてきましたが、平圧機と旧型輪転機には、あと20年くらいはしっかり働いてもらうつもりです。



トップページ
会社概要
商品案内
自動お見積り
各種解説
お問い合わせ
リンク集
オーランド印刷工房ブログ


オーランド印刷工房 〒329-1412 栃木県さくら市喜連川3095-9 TEL. 028-686-1021 FAX. 028-686-1022
Copyright © オーランド印刷工房 All Rights Reserved.   

シール印刷TOP | 会社概要 | 商品案内 | 自動お見積り | 各種解説 | お問い合わせ | リンク集 | 印刷工房ブログ

シール 印刷 | シール・ステッカー・特殊印刷のオーランド印刷工房